組合員証

組合員証等は医療のパスポート、大切にしましょう

「組合員証等」とは組合員証、組合員被扶養者証、任意継続組合員証、任意継続組合員被扶養者証、限度額適用認定証、特定疾病療養受療証及び高齢受給者証をいいます。

70歳以上75歳未満の組合員及び被扶養者には、高齢受給者証が交付されます。

組合員になると「組合員証等」が交付されます。これは組合員及び被扶養者の資格を証明する大切なものです。医療機関に提示すれば、かかった費用の3割(小学校入学前幼児2割、高齢受給者1割から3割)負担で、病気やケガの治療などを受けることができます。折ったり紛失したりしないように、大切に扱ってください。

組合員証等を使うときの注意

  1. 組合員証等を提示しないで医療を受けると、全額自己負担になることがあります。
  2. 組合員証等をコピーしたものは使えません。
  3. 病院に預けたままにしないで、必ず手元に保管してください。
  4. 組合員証等の貸し借りは不正使用に当たり、厳重に禁止されています。絶対にやめましょう。

組合員証等に関する届け出―こんなときは届け出が必要です

事由 手続き方法
組合員証等を紛失・破損したとき 「組合員証等再交付申請書」を提出(破損した組合員証等がある場合は添付(差し替え処理可))。
死亡、就職などで、被扶養者に異動があったとき 認定の場合は「被扶養者申告書」を、取消の場合は「被扶養者申告書」に組合員被扶養者証及び高齢受給者証を添えて提出。
組合員、被扶養者に住所・氏名などの変更があったとき 「組合員申告書」または「被扶養者申告書」を提出(氏名変更の場合は組合員証添付(差し替え処理可))。
組合員の資格を失ったとき 「組合員申告書」に組合員証等を添えて提出。
給付金等受取口座に変更があったとき 「組合員申告書」を提出。