患者を移送したとき 移送費/家族移送費

病気やケガで移動が困難であり、療養を目的として医師の指示のもとに組合員または被扶養者が入院や転院する場合で、次の要件のいずれにも該当すると共済組合が認めたときは、「移送費」または「家族移送費」が支給されます。

その額は、最も経済的な通常の経路および方法で移送された場合の旅費を基準として算定されます。

移送後、「移送費請求書(または家族移送費請求書)」、保険医療機関の意見書および移送に要した費用の証拠書類を組合に提出してください。

事前に移送に至った経緯等を把握し支給の可否を判定する必要があるため、共済組合まで連絡してください。

移送費が認められる条件

  1. 移送の目的である療養が保険診療として適切であること。
  2. 患者が療養の原因である負傷、疾病により移動困難であること。
  3. 緊急その他やむをえないこと。