死亡したとき 埋葬料/家族埋葬料

組合員が公務によらないで死亡したときは、遺族(被扶養者等)に埋葬料が支給されます。

また被扶養者が死亡したときは、組合員に家族埋葬料が支給されます。

組合員が死亡したときは「埋葬料請求書」を、被扶養者が死亡したときは「家族埋葬料請求書」を共済組合に提出します。

ともに、市町村長の埋葬許可証の写しを添えてください。

組合員が死亡した場合、「埋葬料請求書」と併せて「支払未済給付請求書」の提出をお願いします。

確認のため、請求者の通帳の写し(金融機関・支店・口座番号・口座名義)を添えてください。

なお、支払未済給付の請求ができるのは組合員の死亡当時、組合員と生計を共にしていた方に限ります。

また、支払未済給付の請求順位は、1.配偶者、2.子、3.父母、4.孫、5.祖父母、6.兄弟姉妹、7.3親等内の親族の順となりますので、遺族の順位に従って請求してください。

被扶養者以外の方が請求する場合は、組合員の死亡当時、生計を共にしていたことのわかる書類(住民票謄本等)及び続柄のわかる書類(戸籍謄本等)の写しを添えてください。

埋葬料・家族埋葬料の支給額

組合員 埋葬料:一律5万円
被扶養者 家族埋葬料:一律5万円

被扶養者のいない組合員が死亡したときは、実際に埋葬を行った人に埋葬料の範囲内で、埋葬に要した費用(領収証添付)を支給します。

申請書類はこちら

当共済組合の附加給付
埋葬料附加金
組合員が死亡し、被扶養者が埋葬したとき、50,000円
家族埋葬料附加金
被扶養者が死亡したとき、1件当たり50,000円