海外で診療を受けたときの給付はどうなるのでしょうか?

海外で医療機関にかかった場合、一度全額立て替え払いすることになりますが、後日、共済組合に請求すれば「療養費」または「家族療養費」の支給を受けることができます。

ただし、支給額は国内の基準により計算されますので、医療事情の違いによって、実際に支払った額とかなりの差異が生じることがあります。

また、請求には診療内容明細書(日本語訳)と領収書が必要になりますので、忘れずにもらっておいてください。

Posted in: 短期給付事業Q&A