共済組合からのお知らせ

2020/11/5

養育期間標準報酬月額特例申出書・終了届出書の様式変更について

 個人番号(マイナンバー)を利用した情報連携が開始されたことにより、養育特例申出時に個人番号を記載することで、必要添付書類のうち世帯全員の住民票が省略できることとなりました。

 これに伴い、養育期間標準報酬月額特例申出書・終了届出書の様式を一部変更しましたのでお知らせします。

 

(養育特例申出時の必要添付書類)

1 子の生年月日及びその子と申出者との身分関係を明らかにすることができる戸籍記載事項証明書又は戸籍謄(抄)本

2 世帯全員の住民票

 (個人番号を記載された場合は省略できますので、以下3の書類を添付してください。)

3 申出者(届出者)の個人番号を記載された方は次のいずれかの書類

 (1) マイナンバーカードの両面のコピー

 (2) 次の①及び②のコピー

  ① マイナンバーが確認できる書類:通知カード(氏名、住所等が住民票の記載と一致する場合に限ります。)、個人番号の表示のある住民票の写し

  ② 身元(実存)確認書類:運転免許証、パスポート、在留カードなど

※ 個人番号を記載することで「世帯全員の住民票」の添付を省略できますが、情報連携により住民票の情報が確認できない場合は提出をお願いする場合があります。

※ 個人番号の記載がない場合は、「世帯全員の住民票」の添付が必要となります。