高額医療・高額介護合算療養費制度について

介護保険サービスを受けている人がいる世帯で、医療保険と介護保険の自己負担額(※)を合算した額が一定額を超えた場合、超えた分が払い戻される制度「高額医療・高額介護合算制度」があります。

1年間(8月~翌年7月)の医療保険・介護保険の自己負担額の合計が基準額を超えた場合に、その超えた金額が支給されます。

自己負担額とは、医療保険の場合は、窓口負担額(通常総医療費の3割)から、高額療養費や附加金を控除した残額、また介護保険は、高額介護サービス費等を受けることができる場合は、それを控除した残額になります。

高額医療・高額介護合算制度の限度額

平成30年7月まで
70~74歳 69歳以下
標準報酬の月額83万円以上 67万円 212万円
標準報酬の月額53万円から79万円 141万円
標準報酬の月額28万円から50万円 67万円
標準報酬の月額26万円以下 56万円 60万円
低所得者II 31万円 34万円
低所得者I 19万円
平成30年8月から
70~74歳 69歳以下
標準報酬の月額83万円以上 212万円 212万円
標準報酬の月額53万円から79万円 141万円 141万円
標準報酬の月額28万円から50万円 67万円 67万円
標準報酬の月額26万円以下 56万円 60万円
低所得者II 31万円 34万円
低所得者I 19万円

対象世帯に70~74歳と70歳未満が混在する場合、まず70~74歳の自己負担合算額に限度額を適用した後、残る負担額と70歳未満の自己負担合算額を合わせた額に限度額を適用します。

請求手続き

まず介護に関する自己負担の証明書を、介護保険者(市町村)から取得してください。

その証明書を添付し、共済組合へ請求してください。

共済組合が支給額の計算を行い、その結果基準額を超えた額のうち医療保険分が共済組合から支給されます。

なお、不支給となった場合には、不支給決定通知書が交付されます。

支給までの流れ

図:支給までの流れ

申請書類はこちら