介護保険制度

介護保険とは

介護保険は、高齢者の介護を社会全体で支えあう制度です。介護が必要と認められた高齢者は、認められた範囲で介護サービスを選択して受けることができます。

介護保険は強制加入の社会保険です。身近な市区町村が保険者となって制度を運営し、必要な費用は40歳以上の国民全員が負担する保険料と公費(税金)によってまかなわれます。

第1号被保険者と第2号被保険者

介護保険の被保険者(加入者)には、65歳以上の第1号被保険者と40~64歳の第2号被保険者の2種類があります。

第1号被保険者と第2号被保険者

第1号被保険者 第2号被保険者
年齢 65歳以上の人 40~64歳の人
介護保険料の
算定方法
介護保険料は市区町村ごとに決定され、所得に応じた段階別の定額制になっています。
同一世帯に第1号被保険者が複数いる場合(夫婦ともに65歳以上のときなど)、保険料も複数人数分支払うことになります。

【共済組合の組合員】
組合員は、給料と期末手当等の支給額に介護掛金率を乗じた額を負担します。介護掛金の半分は地方公共団体の負担です。また、任意継続組合員は短期掛金と介護掛金を一緒に納めますが、この場合地方公共団体の負担金も含めた額になります。

【国民健康保険の加入者】
国保の保険料と同様に、世帯ごとに介護保険料を算定します。保険料の半分は公費負担です。

介護保険料の
徴収方法
老齢年金、遺族年金、障害年金の受給額が月額1万5,000円以上の場合、保険料は年金から天引きされます。年金月額が1万5,000円未満の人の保険料は、市区町村が個別に徴収します。 介護保険の保険料は掛金同様、毎月の給料および期末手当等から控除されます。組合員の被扶養者の掛金は徴収されません。